coincheck Blog

coincheckの最新情報をお届けします。coincheckスタッフが、新機能、キャンペーン、ビットコイン情報などを発信

紙と鉛筆でアナログにビットコインを採掘してみた


ビットコインは、誰でも新規に通貨を発行することが出来る。

ただし、勿論それでは、稼ぎたい人が、次々に自由に新規通貨を発行してしまう為、すぐにインフレになってしまう。

では、どのように誰でも発行出来る通貨を管理しているのだろうか? その仕組みがマイニングである。

要するに、"ある問題"を解いた人だけが、新規に発行されたコインを入手出来ると言うものだ。



具体例をみてみよう。情報工学の世界では、ハッシュ関数(一方方向性関数)というものがあり、例えば、



test => 9f86d081884c7d659a2feaa0c55ad015a3bf4f1b2b0b822cd15d6c15b0f00a08

bitcoinpicks => f54f7edf4f9ad5e883134ff460e561c3c798d746c5f645a07972cea2e1451fc4

のように、ある文字列に対して、一意に決まる文字列を算出する関数が存在する。 特徴的なのは、生成したものから、逆に元の文字列を復元するのはほぼ不可能(ものすごい計算量が必要)なことだ。

ビットコインのマイニングとは、この生成した文字列が000000....と、ゼロが連続して並ぶものを見つける行為である。



信じられないことに、この作業を紙とエンピツで行ってみた人が存在したようだ。

Mining Bitcoin with pencil and paper: 0.67 hashes per day


Mining Bitcoin with pencil and paper - YouTube



もし興味があれば、あなたもアナログにマイニングをしてみては如何だろうか? 幸運な結果は保証出来ないが・・。。

広告を非表示にする