coincheck Blog

coincheckの最新情報をお届けします。coincheckスタッフが、新機能、キャンペーン、ビットコイン情報などを発信

サービスの安全性~ビットコインカフェ~ #coincheck #bitcoin


サービスの安全性

 

前回のビットコインカフェでは、ビットコインの安全性についてご理解いただけたと思います。

ではどうして、ビットコインは安全なのに、ビットコインに関するネガティブなニュースが報道されるのでしょうか。それは、ビットコインの仕組みではなく、ビットコインを扱う企業のセキュリティに問題があったこと、ビットコインを含む仮想通貨の運用に対して、決められたガイドライン、または組織がなっかことが考えられます。

 

 今回は、ビットコインを提供している企業のサービスは本当に安全なのか、理解を深めていただきたいと思います。

 

本題に入る前に、余談ですが、大手取引所だったMt.Gox社は、経営破綻理由を明確にしてはいませんが、サイバー攻撃によるもの、またはインサイダー取り引きによるものなど破綻に関する原因は諸説あります。また、ビットコインに関する銀行業務サービスを提供していたカナダのFlexcoinは、ユーザーのビットコインをサイバー攻撃によって盗まれたとしています。

Mt.Goxの破綻理由は明白でないにしろ、2社に共通する破綻の大きな要因とは、情報やビットコインの管理体制に問題であったことが考えられています。

それは、ビットコインを(情報など取引なども含め)オンラインストレージ「ホットウォレット」に保管・管理をしていたことです。

 

 ▼オンラインの「ホットウォレット」

インターネットにつながっているPC などにビットコインを保管することを「ホットウォレット」呼びます。インターネットに接続している場所に保管をしていると、サイバー攻撃やハッキングにあった場合、保管していた情報が漏洩します。このように上記2社は、オンラインのホットウォレットにビットコインを保管していたことが、破綻などの原因となったとされたいます。

ではどのように保管するのが安全でしょうか?

 

▼オフラインの「コールドウォレット」

お分かりの方もいらっしゃると思いますが、オンラインでダメならオフラインで保管する以外、サイバー攻撃やハッキングなどを防ぐ手立ては現状ありません。 

インターネットに接続されていないオフラインのものに保管することを「コールドウォレット」と呼びます。coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。97%以上の資産が、このコールドウォレットに保管されています。

では、そのオフラインの保管自体が盗まれた場合はどうでしょうか。

そのためには、オフラインでの保管先を、何箇所かに分けることで、回避することです。

coincheckでは、コールドウォレットは冗長化され複数の場所に分散されて保管されているため、万が一、災害等で一部失われたとしても問題がないようにしています。

 

ビットコインの保管の安全性についてご理解いただけたと思いますが、サービスの安全性はどのように保障されるのか、不安に思う方もいると思います。

Mt.Goxの破綻後、ビットコイン等の価値記録の健全なるビジネス環境と利用者保護体制の整備を進めるために、2014年9月12日、一般社団法人日本価値記録事業者協会(JADA、以後JADA)が設立されました。

 

▼JADAとは

上記でも説明しましたが、JADAとは、取引機能の制御、セキュリティ施策に対してJADA自主ガイドライン概要を策定しています。また、2015年6月1日からは、反社会的勢力の排除やマネーロンダリング防止などの目的で、ハッシュ化した個人情報データを事業者間で共有する「個人情報JADA共通確認システム」の運用も開始しました。このシステムは、JADA会員事業者4社の間で、個人情報の項目をハッシュ関数を用いてハッシュ化することで、個人情報の流出リスクを抑えながらデータを共有するものです。

coincheckは、JADAに加入しており、JADAが定めるガイドラインを遵守していて、お客様が安全にサービスをお使いいただけるよう尽力しています。

JADAが定めるガイドライン全文はJADAのWebページよりご覧ください。

 

サービスの安全性について、ご理解いただけたでしょうか。

ビットコインをコールドウォレットに保管すること、ビットコインの運用に関するガイドラインをJADAのような組織によって定められたことで、サービスの安全性が守られています。

また、2016年3月4日、金融庁により「仮想通貨法に関する法令改正法案」が国会に提出されました。この法案により、仮想通貨が貨幣の機能を持つこととされ、仮想通貨取引所の登録制を導入することにより、さらにお客様の安全性を保つことができるサービス向上が予測されます。

サービスの安全性をご理解いただけたでしょうか。

無法地帯であった仮想通貨分野に、JADAのような組織や法律によってお客様の安全性が保たれるよう、整備されてきています。

 

これでビットコインを安心してご利用いただけると思いますが、
では、どのようにビットコインを使うのか、まず、ビットコインの使用メリットを知っていただきたいと思いますので、次回は、ビットコインのメリットについて説明させていただきます!

 

前回のビットコインの安全性

 

coincheckのサービスの安全性についての詳細

 

coincheckのご利用はこちらからです!

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする